有意義な時間

Endless SHOCK 2019梅田芸術劇場へ観劇してきました

今年は2月に初めて帝劇観劇をして以来のSHOCKです

年に2度もSHOCKを見れるなんて・・・なんて贅沢なことでしょう

ありがたいです

優馬くんのライバル役は私には違和感でしかなかったけど、また進化しているSHOCKの演出としてとらえていますし、引き込まれていくSHOCKの世界観は毎回力強くて胸が熱くて苦しくて、そして圧倒されます Bravo~!!

やっぱりまだ観たいまた観たいと思ってしまいます

 

今回の遠征は4月から大阪にいる息子の部屋に一泊させてもらいました

要介護中のおばあちゃんの世話を留守中ヘルパーさんを頼み、留守する時間を最短にして行き帰りのバスの手配をしていましたが、幸か不幸か都合良くと言うか今月半ばからまたおばあちゃんは入院(そんなに重篤ではない)となったので、まあ安心して家を留守できる バスの時間を遅らせてゆっくり出かけてきました

 

SHOCKは夜公演だったので終演が21時過ぎ、息子に梅田まで車で迎えに来てもらって合流。まだ夜ご飯食べてないというので一旦部屋に戻って徒歩で近くの居酒屋へ出かけました

久しぶりの息子との時間

いろんな話題をした中で、驚いたことがありました

娘の結婚について息子がそんな風に思っているとは・・・です

 

お姉ちゃんの相手の人ってどんな奴だ?と言うのです

別に反対するわけではないにしろ、息子(弟)は紹介もされずにいるから不安なんだそうです

挨拶もないんか?ちゃんと幸せにできるんだろうな?・・・

それを聞いて私は吹き出してしまいました(^O^)

どこの馬の骨ともわからない奴に姉はまかせられない!ってやつです(^O^)

なんやかんやお姉ちゃん思いの弟なんだなぁ~

母としておかしくて嬉しい

結婚式当日まで会うこともないような気がしますが、気になるなら帰ってきて合う時間作ればいいだろうけど、そこまでする気もないのか、なにより娘が必要とは言わないでしょう

そこがまたおもしろいんだけど

でも逆の立場ならどうだろうか・・・と考えちゃいました

仲のよろしい姉弟で母は幸せです

 

翌日は息子とエキスポシティでデート

なんとも有意義で幸せな大阪二日間でした(^^)

 

両家顔合わせ

 娘の結婚準備が少しずつすすんでいます

昨日、両家の顔合わせをしました

先方のご両親とは全くの初対面です

前もって簡単な自己紹介のしおりを作っていたのでそれを見ながら、食事しながら和やかに時間はすすんでいきました

おつきあいしているときから娘は向こうのお宅へ何度もお邪魔していて、可愛がっていただいてることを聞くだけでなく感じる事も出来ました

なにより喜ばしい事です 

 

私にとっては娘を嫁に出す事をじわじわ感じ始める瞬間でもありました

ほんとに初めての感覚というか・・・自分でも驚いているのですが

娘が私以外の人から娘として扱われていることに、あ~こういうことなんだ・・・となんとも言えない感覚です

嬉しいことなのになんだろう・・・寂しいような

娘が私以外の人を「おかあさん」と呼ぶことに、嫉妬のような、疎外感を感じてしまって

とてつもなく悲しくなってしまい

こんな気持ちになっている自分に驚いています

今からこんな調子でどうするかね

 

もう聞けないけど、もしかして母もこんな思いをしていたんだろうか

子供の結婚って親は複雑な思いにさせられるんだなぁ

 

昨夜はこんな気持ちを娘に話すこともせず、そうかといって誰にも話すこともできず

ここへ書き記す

 

 

偽善者

先月末おばあちゃんが10日ほど入院し、退院してきてから約一週間が過ぎました

それまでベッドの上生活でしたが、一人で起き上がってポータブルトイレへ移動し排泄できていた

退院後はそれが難しくなってしまいました

上体を起こす倒すに介助が必要で、常におむつをあてていなくてはならない

そうなるとなかなか長時間を一人で過ごす事はできない

私のパートに出る時間を変更して、訪問介助の回数を増やしてもらった

家に居るときは常に気を配っている状態

この1週間で私の口内炎は倍増した

今朝は唇の内側にできてややたらこ唇状態だ

介護の仕方がまだまだぎこちなくて要領悪いなと思うこと続き

自信を持ってやれてないし勉強不足なんだとも思うしもっと要領よく身体にも心にも負担ない仕方ができるのかもしれない

ただいま模索中

 

まだ1週間そこそこだからこれは思うんだと思うけど

大変だけど不思議とお世話することは嫌ではない・・・今のところ

そりゃあ、こんちくしょうむかつくー!の時は何度もあるけど、お世話できることはありがたいとも思ったりする

それは実家の母がそこまで介護できずに亡くなってしまったからかもしれない

 

いやいやでもこれが長く続いて欲しいとは思わないし、早く自由に楽になりたいと思うのも本音

 

偽善者だわ

 

「暇やから今日帰るわ」

夕方の6時前に仕事が終わって駐車場で車に乗り込み携帯を見る

息子からのラインがこれだ

暇やからって....まあまんざら用がないこともないんだろう

急いで帰って夕飯のおかず一人ぶん追加で支度する

夕飯前に「ただいまぁ~」とひょっこり帰ってきた

勤務先が大阪になって初めての帰省だ

ちょっと痩せたかな?

うどん県にいた頃と食生活は一変したようで、毎日仕事帰りにコンビニ弁当買って食べてる....そんな悲しいことか😞

 

帰ってきてくれるのは嬉しいけど、あまりに急だと何かあったのかと勘ぐってしまいましたが、どうやら要らぬ心配なようで

どうやらお姉ちゃんの結婚話のお祝い!が帰省のメインらしい

弟としても姉の旦那さんになる人が気になるらしく、話題は相手がどんな人かと事細かに盛り上がりました(^-^)

なんやかや仲の良い子達で母としも嬉しい限りです

一晩泊まってすぐに戻って行きました

どうにょう

どうにょう初体験しました
導尿と書く
但し、自分の導尿ではありません

2、3日前からおばあちゃんが「おしっこが出ない」と訴えていた
正確にはおしっこが出にくいだ
全く出なくなったのではないけど、自分ですっきりと出すことが難しく
それは膀胱の力が弱くなったのが要因
泌尿器科でとにかく溜まった尿を出すことにして問題は今後のことです
溜まるたびに受診出来るわけもなく
管(カテーテル)を膀胱に入れたままにするか、一日二回朝晩、カテーテルを入れて残尿を出すか
選ぶのは私...
自力で出すこともしつつ、残尿を残さない自宅でのどう尿が可能ですか?
選ぶのは私

出来ます。
やってみます

看護師さんにレクチャーを受け人生初体験
介護していた実母にもしたことなかったことを、義母にすることになろうとは
人生何がどうなるかわからないものだ

帰宅して食後の服薬を済ませて寝る前に
初めての我が家でのそれだ
私だけ出来てもなぁ
私が留守のときのことも考えて旦那さんにも説明しながらやってみました
病院でしたときより段取りなど手間取りましたがなんとか成功
本人も痛くなく違和感なく済ませることができました
ホッとした!
明日から一日2回
機嫌が悪い日、体調が悪い日とどんな場合もあるし、私自身追い詰められないように、完璧でなくてもよいをめざします
導尿することで
おばあちゃんの腎臓にも良く高血圧改善にも良いようなので期待します

結婚の挨拶

今年はいまだ梅雨入りしそうでしない日が続いています
でもジメジメもムシムシもほどほどに過ごしやすい日でもあります

そんな日にわが家にお客様がいらっしゃいました
娘がお付き合いしている男性があらたまっての挨拶をしに来てくれました
「娘さんをください!」的な例のやつです

半月ほど前に娘から、プロポーズされて結婚しようと思うと報告を受けました
そろそろ言い出すかな...くらいは思っていたので驚きはしませんでした
お相手の男性とは1、2回顔を会わせたくらいで
家に連れてきなさいと言ってもなかなか実現せずに、しっかり話すのは初めてでした

緊張を隠せずかしこまって来てくれました
当然だわね~
でも、言うべきことをしっかり話されて、とても誠実さが伝わってきました
まだまだ娘を嫁に出す実感はありませんし、こんなもんかなぁ~くらいの感覚ですが、母として準備をしておかなきゃならないことで最近は頭を悩ませています

VSストレス

元号が令和になって・・・と言うわけでもないですが私の身の回りでも若干変化がある

職場に新しい職員さんが入られて体制も変わりました

まだ慣れないのでなかなかすんなりとは行かないのはしょうがないのだけど、もやもやジレンマでストレス溜まる~

いつまで辛抱すればいいのか~早く慣れてくれ~

我が家では相変わらずなんだけどおばあちゃんの対応に振り回される

いい加減スルーすればよいこととそうでないことに優柔不断になってイライラが増す

それにくわえて旦那さんのすることの後始末に負われてる感がいらだちを増す

そんなわけで家でも職場でも癒やされる場がなく外へ出ていきたいわけです

一日ゆっくりとはいかなくても朝家事だけ済ませてから旦那さんにおばあちゃんのことをまかせて夕方まで出かけてきました

といっても行くところもないのですが、映画見てショッピングして自由に過ごしました

しかしへそくりが減る~(ToT)

可愛い子たちを見つけたので我が家にお迎えしました

アデニウムとガジュマル